ライフ

日常は感謝したいものであふれている

ライフ

こんにちは、佐佐木 由美子です。

2023年が幕を開けました。

この一年が、あなたにとって素晴らしい年となりますように。


今、感じていることをシンプルに言葉にすると、日常には感謝したいものであふれている、ということ。

戦後の日本に生まれ、衣食住に困らない平和な暮らしができることを、私たちは当たり前のことだと感じているところがあります。

そのうえで、夢が見つからないと悩んでみたり、他人と自分を比べて一喜一憂してみたり、何者かになろうともがいてみたり……様々な苦しみを抱えていることは少なくありません。

そうした悩みは、ある意味、成長のプロセスとも言えます。人それぞれ、向き合うテーマも様々でしょう。

ただ、その前に、感謝すべきこともたくさんあると思うのです。

水や電気、ガスなどインフラの整った暮らしができること、温かいスープが飲めること、眠れる場所があること、歩けること、本が読めること、美しい音楽が聴けること、笑い合える人がいること……ちょっと周りを見回しただけでも、実に様々なことに恵まれていることに気づくはずです。

私たちはつい、「欠けているもの」ばかりに目が向きがちですが、「満たされていること」にもっと目を向けてみてはどうでしょうか。

きっと、心が豊かになれると思うのです。

たとえば、健康ひとつを挙げてみてもそうです。美味しく食事ができることも、健康あってのこと。

「そんなことは、当たり前」だと思いますか?

そう感じているとすれば、満たされ過ぎていて気づかないだけです。

遠い未来に思いを馳せることは素晴らしいことですが、自分の足元を見つめ直し、満たされていることに思いを寄せることも大事なこと。

人は、失ってみて初めて、その大切さに気づくことがあります。

けれど、失う前に気づくこともできるはず。今あるものに、目を向けてさえいれば。

だから、思い出してください。

今のあなた自身にも、日常の暮らしの中にも、感謝したいものであふれているということを。

執筆者プロフィール
佐佐木 由美子

社会保険労務士、エッセイスト。グレース・パートナーズ株式会社代表。働き方、キャリア&マネー、社会保障等をテーマに日経styleやダイヤモンド・オンライン等の経済メディア、専門誌に多数寄稿。

ワークスタイル・ナビをフォローする
ワークスタイル・ナビをフォローする
佐佐木由美子のワークスタイル・ナビ【ブログ】
タイトルとURLをコピーしました