ライフ

自分が望むストーリーを語ろう

ライフ

これからの人生をどう生きていくか。どのように働いていくのか。

とても重要なテーマでありながら、日常の生活に追われていると、じっくりと考える余裕もなく時間が過ぎ去っていくものかもしれません。

あるいは、ただ漠然と、今の生活が続いていくものだろう、と思っているかもしれません。

今の状態が満足であれば、それでいいでしょう。

でも、本当は別の景色を見たいと感じているなら、自分が望むストーリーを描いていくことが大事になります。

最初は曖昧でぼやけていても、心の中で熱心に思い描いていれば、鮮やかな色彩と輪郭が浮かび上がっていくかもしれません。それが活き活きと動き出していけば、考えることが楽しくなっていきます。

自分が心から望むストーリーを語ることが、新しい道への第一歩です。

別に、誰かに言う必要などありません。何をどう考えようと、思考は自由。自分の中で語っていればいいのです。

そういうと、「そんな理想ばかりで生活していけるのか」と疑問が頭を過るかもしれません。

けれど、経済的な問題ばかりにフォーカスしていたら、確実に生活ができるであろう選択しかできなくなってしまいます。

一度きりの人生です。そして、時間は限られたリソースです。

残りの人生、あとどれくらいあるかわかりません。ただ自分に正直に、心からこうありたいと思えるストーリーを語っていきたい。その方が、ずっと楽しく明るい気持ちでいられます。

心は、持ち方次第。年齢を重ねてきたからこそ、もっと自分本位になっていい、と思えるようになりました。

執筆者プロフィール
佐佐木 由美子

社会保険労務士、エッセイスト。グレース・パートナーズ株式会社代表。働き方、キャリア&マネー、社会保障等をテーマに日経styleやダイヤモンド・オンライン等の経済メディア、専門誌に多数寄稿。

ワークスタイル・ナビをフォローする
ワークスタイル・ナビをフォローする
佐佐木由美子のワークスタイル・ナビ【ブログ】
タイトルとURLをコピーしました