ライフ

すべての行動に理由は必要?

ライフ

最近、ちょっと気になったことがあります。

それは何か行動を起こそうとすると、目的や理由を問われることです。

「それをやるメリットは?」

「もっと生産的な方法があるのでは?」

「それで、どのようにマネタイズ化するつもり?」

ビジネスとして行うことなら、そういった質問がくるのもわからなくありません。

明確な目的やベネフィット、高い生産性が求められるものでしょう。

ただ、ビジネス以外のことであっても、目的や理由を尋ねられることは珍しくありません。

たとえば、何か勉強を始めたとしたら「何のために?」。そこで「試験に合格したら、手当がつくから」とロジカルな答えが返ってくれば、「なるほど」となるのでしょう。

でも、そんな風に説明がつくことばかりではありません。


すべての行動に、理由は必要でしょうか。

見返りがない行動は、時間の無駄なのでしょうか。

子どもは、ただ楽しくて遊んでいるのです。

親は、ただ愛しくて子を可愛がるのです。

そこにロジカルな理由や打算的な要素、見返りなどありません。あるのは、喜びです。

人は、純粋にただやりたくてやっていることがあります。

そのために費やす時間は、その人にとってはかけがえのないもので、価値があるものです。

もしかしたら、人に目的や理由を求めるのは、ただやりたいことが自由にできないことへの裏返しかもしれません。それなりの合理的な理由があるのだろうと思いたいのかもしれません。質問者自身を納得させるために。

けれど、人は必ずしも損得で動いているわけではありません。

どれだけ自分自身が、内側から湧き出る純粋なものと誠実に向き合っていけるか。

それが大事なことだと思います。

そして、人生を豊かにする秘訣なのかもしれません。


音声コンテンツのご案内

この投稿に関連する音声コンテンツは、下記のリンクからご試聴いただけます。

執筆者プロフィール
佐佐木 由美子

社会保険労務士、エッセイスト。グレース・パートナーズ株式会社代表。働き方、キャリア&マネー、社会保障等をテーマに日経styleやダイヤモンド・オンライン等の経済メディア、専門誌に多数寄稿。

ワークスタイル・ナビをフォローする
ワークスタイル・ナビをフォローする
佐佐木由美子のワークスタイル・ナビ【ブログ】
タイトルとURLをコピーしました