ライフ

珈琲カップとマスターの笑顔と

ライフ

もうずっと昔のこと。大学時代によく通っていた珈琲店があった。

木のぬくもりが優しいお店。

扉を開くと、カランカランと鈴の音が響く。

「いらっしゃい」

そこには、いつもとびきりのマスターの笑顔があった。「ただいま」と言いたくなるくらい、温かい雰囲気に包まれる。

ちょっと眉毛が濃くて、クマのぬいぐるみのように愛くるしいマスターが、私は大好きだった。

そして、隣には物静かで優しい微笑みを絶やさないマダムがいる。

(こんな夫婦って、いいな……)

そんな風に素直に思える、素敵な二人だった。

広いテーブル席もあったが、私はきまってカウンターに座った。

壁一面には、色彩豊かなの珈琲カップとソーサーがきれいに並べられていて、個性を主張している。

席に着くと、いつのも珈琲を注文して、それからひとつひとつのカップを眺めた。

「今日はどのカップがいいですか?」

マスターは毎回、好みを聞いてくれる。

好きなカップをその日の気分で選べるのは、ちょっと嬉しい。

一杯ずつ丁寧に淹れる珈琲。炭火焙煎の芳醇な香りが漂ってくる。

マスターとさり気ない会話を交わしながら、一杯の珈琲を味わう至福のひととき。

店内には心地よい音量で、クラッシックが流れている。重厚なテーブルに、センスよく活けられた花や緑。すべてが調和していて、リラックスできる。

青春時代の思い出がたくさんつまった珈琲店。

卒業してからも、時折足を運んだ。

マスターは「お久しぶりですね」と言って、変わらない笑顔で迎えてくれた。



そして、長い年月が流れていった。

多忙な毎日に追われているうちに、いつしか足が遠のいてしまった。

ある日、ふと(マスターはどうしているだろう?)と思い出した。

こういうとき、ネットで検索できるのは便利だ。

二人は元気にしているだろうか。

早速サイトを見つけて、ウキウキしながら画面をスクロール。

すると、思わぬ文字が目に飛び込んできた。一瞬にして身体が凍りつく。

(そんな……)

私は、言葉を失った。

あのマスターが、もうこの世にいないだなんて。

忙しいだなんて言い訳をせず、もっとお店に行っておけばよかった。

いつでも、あの場所に行けば会えるだろうと、勝手に思い込んでいた。 


私もこれだけ年を取ったのだから、マスターだって年を取るよね。

そう、わかっている。

ただ、もう一度、マスターの笑顔が見たかった……



それでも、目を閉じれば、「いらっしゃい」と出迎えてくれたマスターの笑顔を、ちゃんと思い出すことができる。

私の記憶には、しっかりと刻まれていたのだ。

あの素敵な空間、共に過ごした時間を、ずっと心の中にしまっておこう。




執筆者プロフィール
佐佐木 由美子

社会保険労務士、エッセイスト。グレース・パートナーズ株式会社代表。働き方、キャリア&マネー、社会保障等をテーマに日経styleやダイヤモンド・オンライン等の経済メディア、専門誌に多数寄稿。

ワークスタイル・ナビをフォローする
ワークスタイル・ナビをフォローする
佐佐木由美子のワークスタイル・ナビ【ブログ】
タイトルとURLをコピーしました