ライフ

「やりたい」と「やっている」の大きな違い

ライフ

直木賞を受賞された作家の米澤穂信氏のインタビュー記事を読み、心に感じるものがありました。

中学2年生から小説を書き始め、大学進学後もサークルには入らず、家でひたすら小説を書く生活を送っていたそうです。

小説家を目指すと家族に伝え、書店員として働き始めたときは、あまり反対されなかったと言います。後に理由を聞くと、「ずっと書いていたから。なれると思っていた」とのこと。

米澤氏は、「やりたい」と「やっている」では見られ方が違う。目標があるならば走り出してみる。私はそう選択した、と語っています。

小説家になる、というと、まるで雲を掴むような夢だと、普通は思うでしょう。

でも、米澤氏は夢という言葉ではなく、「目標」と言っています。

そして、身近な家族も「さもありなん」と受け止めているのです。

これは、真摯にずっとやり続けていたからに他なりません。だから、夢ではなく、目標になったのだと思いました。



翻って考えてみると、「やりたい」と思っていることはたくさんあるのに、実際にはやっていないことが何と多いことでしょう。

なぜ、やりたいと言いながら、やらないのか。

情熱が足りないから?

お金がないから?

自分に才能がないと悟るのが怖いから?

本気ではないから?

自分には無理だと始める前から諦めているから?

成功するのが難しいから?


「忙しい」「時間がない」という常套句は、言い訳に過ぎません。

たとえ本当に忙しくとも、1日の中で無駄な時間を省く努力をすれば、30分くらいの時間は作れるはずでしょう。

それさえもできない、と言うなら、それは本当にやりたいことではないのかもしれません。

時間というリソースは限られています。

それをどう使うかは、自分次第です。


世界に目を転じれば、砲弾に逃げ惑い、生死の境にいながら、日々必死に生きようとする人たちが大勢います。

彼らは、いくらやりたいと思うことがあっても、基本的な安全や自由が保障されていません。未来を描くことも容易ではありません。愛する人とも一緒にいられません。

それがどれほどつらいことでしょうか。

想像するだけで、私はひどく胸が締め付けられます。

一方、今こうして、命の危機に脅かされることもなく、日常生活を送ることができるのは、どれだけ恵まれていることでしょうか。

それなのに、いつまで言い訳を続けるつもりなのか。

自戒を込めて言いますが、「やりたい」と「やっている」は全く次元が違います。

そして、「やっている」の積み重ねは、人生に大きな違いをもたらします。

だから、少しずつでもいい。「やっている」と言える自分になろう。  



音声チャンネルのご案内

この投稿に関連する音声コンテンツは、下記のリンクからご試聴いただけます。

執筆者プロフィール
佐佐木 由美子

社会保険労務士、エッセイスト。グレース・パートナーズ株式会社代表。働き方、キャリア&マネー、社会保障等をテーマに日経styleやダイヤモンド・オンライン等の経済メディア、専門誌に多数寄稿。

ワークスタイル・ナビをフォローする
ワークスタイル・ナビをフォローする
佐佐木由美子のワークスタイル・ナビ【ブログ】
タイトルとURLをコピーしました