働き方

旅と仕事、ワーケーションの可能性

働き方

こんにちは、佐佐木 由美子です。

あなたは「ワーケーション」という言葉をご存知でしょうか?

「ワーケーション」とは、Work(仕事)とVacation(休暇)を組み合わせた造語。テレワーク等を活用し、普段の職場や自宅とは異なる場所で仕事をしつつ、自分の時間も過ごすことをいいます。

そもそも仕事内容がワーケーションに向かない(不可能な)場合もあります。そういう意味では、実践できる対象者は、ある程度限られているかもしれません。

また、可能であったとしても、「旅行は旅行で楽しみたい」という考えももあるでしょう。この点は、意見の分かれるところです。

新たな旅のスタイルとして

ワーケーションやブレジャー等の仕事と休暇を組み合わせた滞在型旅行を「新たな旅のスタイル」として観光庁は推進しています。

(注)ブレジャーとは、Business(ビジネス)とLeisure(レジャー)を組み合わせた造語。出張等の機会を活用し、出張先等で滞在を延長するなどして余暇を楽しむこと。

私たちが思い浮かべるワーケーションと言えば、リゾートや観光地などで休暇を楽しみながら、ノートパソコンを広げて仕事をする余暇主体のスタイルではないでしょうか。

こうした働き方は、フリーランスの人などが主体的に(ワーケーションという言葉が広まる以前に)やっていたものと言えます。

かつて名立たる文豪たちが由緒ある温泉宿にこもって執筆活動に励んでいたのも、ある意味でワーケーションの走り?とも言えたのかもしれません(締切に追われ、それどころではなかったかもしれませんが)。

一方、今は企業が環境を変えて創造性を発揮して仕事に取り組めるように、サテライトオフィスを擁していたり、合宿型として仕事をメインとするワーケーションを認めたりするケースも徐々に出てきています。

また、地域の課題を解決するために、地域関係者との交流を通じて取り組むワーケーションも、にわかに注目されています。いわゆる、仕事をメインとして、その前後に休暇を取り入れる業務主体型のワーケーションです。

今のところ、労務管理上や経費処理等の課題もあり、企業の制度として業務型のワーケーションは定着するに至っていません。ただフリーランスやエグゼクティブなど個人の裁量で働き方を決められる人にとっては、余暇を主体としたワーケーションは、十分にあり得ると思います。

特に、一人旅をするような旅好きの人にとっては、「旅をしながら仕事する」スタイルに魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。

普段とは異なる「非日常の空間」で五感を研ぎ澄ますことができれば、心身共にリフレッシュできると同時に、新たな着想も得られやすいはずです。

個人的に、ワーケーションで生産性を高めるには、一定程度の期間、同じ場所に滞在することが有効だと思います。わずか数日の旅行で実践するのは、どちらも中途半端になってしまうので、1週間程度は滞在できるプランが望ましいと考えます。

ただし、馴染みのある場所や宿泊先で、特に観光やレジャーに時間を割かず、滞在先でリラックスして過ごせるのであれば、長期滞在が難しい場合でも、よい時間が過ごせるかもしれません。

リゾートホテル等で自然を楽しみながら、長期滞在型のワーケーションプランが一人用であると、余暇主体型のワーケーションも広がるのではないでしょうか。

しかし、安定したWi-Fi環境等はもちろん、仕事に適したデスクや椅子、音、照明等の環境を含めて考えると、そうした用途で作られていないだけに、選択肢は案外少ないのです。

そうなると、余暇主体型の個人のワーケーションは、今のところ外部要因的に意外と難しいというのが私の印象です。

しかし、一定のニーズはあるので、うまくマッチングできれば、場所にとらわれない柔軟な働き方として、今後広がる可能性はあるのではないでしょうか。

旅好きの私としては、秘かに期待しています。

執筆者プロフィール
佐佐木 由美子

社会保険労務士、エッセイスト。グレース・パートナーズ株式会社代表。働き方、キャリア&マネー、社会保障等をテーマに日経styleやダイヤモンド・オンライン等の経済メディア、専門誌に多数寄稿。

ワークスタイル・ナビをフォローする
ワークスタイル・ナビをフォローする
佐佐木由美子のワークスタイル・ナビ【ブログ】
タイトルとURLをコピーしました